最新の記事

2020.07.14

黒はどの黒ですか? 黒色の種類の話

仕事上「ここは黒で」とか色指定を受けることは多々ありますのでそんな話を。

ところで「黒」とヒトコトで言っても種類かあるのをご存じでしょうか?

突然ですがこれ、何色の文字でしょうか?

bk10_2.jpg

「黒」ですよね?

bk10.jpg中身はこの色です。
使うソフトにもよりますが、例えばAdobe Illustratorでデフォルトのカラーパレットで「黒」を選択するとこの色になります。




では、これは何色の文字でしょうか?

bk100_2.jpg

「黒」ですよね?

bk100.jpg中身はこちらですが、先ほどのの比べれば濃い感じに見えますが、「黒」です。
だとすると、前のが薄い黒、もしくは黒じゃなかったんじゃないの?ということにもなりうるかと思います。






bk100_3.jpg最初の黒の数値的な内訳はこちらです。

CMYKのKの値が100%なので「黒」ですよね?

CMYKは「色の三原色」シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)、+ブラック(Key plate=Black *頭文字BだとBlueと被るかららしい)

でも RGB(光の三原色)は#221815 とちょっと赤味の入った方向に位置しています。

それでも何色?となれば数値的にも「黒」としか言いようがないですよね。




bk10_3.jpg二番目の値はこちら。

CMYKのK:100にC:50 M40 Y:30 を加えたものです。

RGBは#020003で下辺の限界に達しています。

どうでしょう?これだと「濃い黒」って感じかもしれませんが、「黒」であることには変わりませんね。


ちなみにこの黒を「リッチブラック」と呼んだりします。



なら全部100%にしておけば誰がなんと言おうと間違いなく「黒」じゃん!!と思えますが、これも用途によって使い方があり間違えるとトラブルの元になります。


DTPの用途以外で、例えば日常的に「Word」なんかを使うことも多いかと思いますが、Wordの黒は何色でしょう?

bk3.jpg基本的に「Word」の色はRGBの設定になっています。

デフォルトの「黒」を選択すると、#000000 と上限いっぱいの黒(R:0 G:0 B:0)になります。

これで誰がなんと言おうと間違いない「黒」ですので使っても何の問題もありません。

ただ、それはPC内やWeb内での話だけで、
こと印刷」となると大きく違ってきます。






この上限に達した黒(RGB #000000)を CMYKに変換してみると・・・

bk1.jpgC:93 M88 Y89 K:80 になりました。

おおっ、ふんだんに色を投入して「濃い黒」だぜ!!

なんなら全部100%にして究極の「黒」にしてやろう!!なんてことも考えなくはないのですが、既にRGB上では上限に達しているのでこちらは(R:0 G:0 B:0)のまま変わりません。



簡単に言うと印刷の場合、この各色の色の値(%)は噴出するインクの量と同じようなものです。
「4つのノズル全部から100%全開で噴射して真っ黒にするぜ!!」
出来なくはないのでしょうが、どうなるかというと「紙がジャブジャブ」になります。習字と違って紙の方が動いて流れる訳ですから瞬時に乾かないと擦れたりインクが流れてしまうのは容易に想像つきますね。

でも、うちのプリンターWordの文章#000000で印刷しても大丈夫だけど?となるかもしれませんが、これはプリンターが自動で設定しなおして印刷しているからです。
何も設定せずに印刷ボタンをポチっとしても前出の「濃い黒」にはなりませんよね?
加えて自動で設定を変換・調整される(黒インクの量)ということは、黒以外の色にも影響するということです。画面上は赤なのに・・・とかありますよね?

プリンターの機種やソフトによっては細かく設定をして前出の「リッチブラック」を出せたりもしますが、個別の色や環境設定は難しいです(紙の種類によっても違います)
また、印刷会社によっても黒の割合はこうして下さいとか、「軟調設定」といって製作環境時点でこうして下さいとか、色々と条件は異なります。

自分の経験上ですが最近多用されているネット印刷などはCMYKの値は全部足して「220%」以下というのが安全ラインかと思います。なので自分はデフォルトで黒(リッチブラック)はC:50 M40 Y:30 K:100に設定しています。
(印刷物には使いませんがRGBのリッチブラックなら「#020003」)

もちろん各印刷会社でリッチブラックの値はここまでとか指定があるので、みなさんもお使いになる際は必ずチェックした方が無用なトラブルを回避できると思います。

日常一番よく使う「黒」ですからちょっと色選びやプリンターの設定にもこだわってみると単なる書類もちょっとリッチになるかも知れませんよ。

 


2020.07.03

誤字・誤植? もう少し気にして欲しい文字の表記

アイキャッチ画像

最近特に媒体に関わらず文章や単語などの正確性は煩雑な気がします。
Webなどは「間違っていても後で直せるから」でしょうかね。個人発信の媒体なら構いませんけど、企業や団体発信の文章・文字も怪しいのが多々見受けられます。

以前はテキストの鬼みたいな、常に読書している本の虫みたいなベテランさんがいて恐怖の赤入れがあって、ならもう最初から自分で書いてよぉ~(泣)、、と思うこともありましたが今となっては貴重な経験でした。

もちろん今でも掲載・配信される前に明らかな誤字・脱字はある程度は校正されているのでしょうが、そもそも間違っているかどうかよりも「気にしていない」ことが多いように感じられます。

例えば、固有名詞・ブランド名の表記などスタイルが決まっている物でも第三者の手によって勝手に書かれてしまったりもあります。特に勝手なのが「大文字・小文字」と「スペース」でしょうか。
たまになぜか英数"全角"なんてのもありますが・・・
日本語の人名・地名などは表記形式が一つしかないので変えようがありませんし、異なるのであれば確実に「間違い」となるのでしょうが、こと英表記となると人によってバラバラだったりします。商品名などブランド名は表記方法が決められているはずなのですが、ここでも「気にしていない」となるのでしょう。

ブランド名以外にもルールが決まっている物もたくさんあります。
一つが「.」の使い方。英表記ではピリオドの他に「略称」であることを表す使い方もあります。
例として「第〇戦」 みたいな大会数を表す時に「Rd.〇」を使いますよね?これは「Round」を略して「Rd」なので「.」が付きます。「Rd1」という表記はありませんし、これを読むなら「アールディーワン」と何かの型番とか?になります。
また、略さずに「Round」を使う場合も「Round 1」というように数字の前には「半角スペース」が入ります。「Round1」だと「ラウンドワン」と1つの単語と見られるので「第1戦」とは解釈されず、某レジャー施設名の固有名詞となりますので大会数などの表記ではなくなります。

英表記には他にもたくさんルールがあります。
日本人しか読まないから・・・と「気にしない」のは変なプリントTシャツを気づかずに着ているのと同じことくらい恥ずかしいことではないでしょうか。

個人発信ではなく企業や団体の代表として責任を持って文章を世の中に発信するのであれば正誤性はもちろん常に「気にする」ことが大事だと思います。

P.S. (post scriptの略)

"PS"だとプレイステーションのロゴブランド名または、単位の馬力(Pferd<馬> Stärke<力>*ドイツ語)とかパレスチナとか色々な違う表記になるようです。


2020.06.26

「クルクル」時間は無給休暇!?PC作業効率化の話

アイキャッチ画像

日々PCの作業的に圧倒的に多用しているのがAdobe Creative Cloudで、特にグラフィックではPhotoshopとIllustrator、動画はPremiere ProとAffter Effectsです。

作業中盤以降ではこれらソフトを一個ずつ動かすことはあまりなく、お使いの方ならお分かりかと思いますが連携(リンク)して使うことが多いです。
例えば印刷物であれば、背景や画像はPhotoshopで作りながらそれをIllustratorの中に取り込んでテキストやちょっとしたイラストを乗せていったりします。テキストを乗せてから下の画像の色味やレイアウトを調整する場合などは画像の方を編集したりするのですが、これを個別の作業(画像編集→保存→読み込む)で行うと効率が悪いので、PhotoshopとIllustratorは同時に稼働して画像を編集したら即座にIllustratorに反映されるようにして作業をします。これはPhotoshop&Illustratorだけではなく、Illustrator&Affter Effects、Premiere Pro&Affter Effectsなど2つ以上のソフトが同時稼働は普通のことです。

軽い素材のリンクなどは良いのですが、画像が高解像度だったりエフェクトが多めだと数ギガなどというのはざらにあり、ただでさえ軽くはないソフトを2つ同時稼働なのでスペックが低いPCだと読み込むだけで時間が掛かる場合もあります。

Adobe Creative Cloudは一応ですが安価なノートPCやタブレットPCでも稼働はしますが、1工程ごとに「クルクル」してすごく時間が掛かります。この「クルクル」している時間、トータルで何分?いや何時間?年にしたら何日、何十日分になるのでしょう?

もちろん「クルクル」してる時は何も出来ませんので自分にとっては空白の時間です。その間に違うやることでもあればですけど、それにしても効率が悪いですよね。以前、まだそんなに高性能CPUがなかった頃は保存をクリックしてからコンビニ行ってこれるくらいの時間が掛かることも普通にありました。

業務的に時間工数で換算するならこの「クルクル」時間中は無生産なので無給と同じですし、経営者さんならこの時間分も給与を払っていることになりますよね・・・。そう考えると、5万円のPCで何十時間も無駄にするなら30万円の高性能PCでロスタイム無く作業した方が全然効率的だと思います。もちろん支給されたPCでハード面はどうにもならないとかあると思いますが、使い方やファイル整理などいろいろな要素で少しでも改善できることはあると思います。

「クルクル」している時間は自分の時間ではないですし、その時間が長ければ長いほど生産性が低いということを認識して今一度ハードとソフトのスペックや状態を再度チェックしてみるのはいかがでしょうか?初期投資は負担になりますが決して高性能・高価格のPCが減価償却以外で元が取れないということではないと思います。
もちろん猫に小判では困りますが・・・


2020.06.19

レーシングカーの画像トリミング

アイキャッチ画像

仕事上、画像のトリミングは日常茶飯事です。
大体は何かの写真を切り抜いて、合成してイメージビジュアルを作るというものが多いのですが、そこで一つ車の写真処理には拘りを持っています。

合成用の画像トリミングというと一般的には後から編集しやすいように「マスク処理」といって余分な部分消して行くのではなく、データー上でパスで切り抜いて見えなくしていく手法が多いかもしれません。
置き撮りの製品とか人物とかもパスで抜く場合もあり、そのつもりでクロマキー撮影されていればまだ良いのですが風景と同化している所から抜くとかはかなり大変だったりします。自分の仕事ではスタジオ撮影された物など殆どありませんし、クロマキーなんて皆無ですべて屋外撮影された写真から起こします。

今は切り抜き専門の業者もあってデータを送れば数時間で切り抜いてくれるサービスもあるのですが、特にレーシングカー、それもフォーミュラマシンのような複雑な構成だと特にフロントのサスペンションアームや空力パーツが複雑なので、オペレーターの方では部品なのか風景なのか分からず「ぱつ」と切れて返って来たりもして困ることもあり、特に走行写真などは依頼できません。(それほど作業代金は高額ではないのでお願い出来れば楽なんですけどね・・)
他にもアンテナやらピトー管やら細かい部品もありますし、低解像度の素材とかだと判別できないことも多々あり自分も怪しい時は他の角度の写真と比べたり、それでも怪しい時は雑誌はもちろん、予選の写真だからここのパーツはないはず、レインセットだからこうなっているだろうとか、ビジュアル以外の情報からヒントを探ったりとCG処理以外にずいぶんと時間を費やすこともあります。
最終的に合成したら分からなくなっちゃうこともざらにありますけど・・・

あと処理方法として自分の場合、走行写真はマスク処理(ベクトル処理)ではなく、いわゆる「消しゴム」で余白を消していくようにしています。(最終的な目的や元素材の解像度にもよりますが)
その理由は、マスクで抜くとデータ数値上で処理されるので「スパっ」と切れます。これはこれで切れ目がシャープでキレイに見せられるのでもちろん使う時はありますが、とかく走行している車(動いている物)はもちろん静止している訳ではないのでシャープなラインが逆に違和感を感じる場合もあるからです。
現実的にも動いているのですから人間の目にはブラー(残像)が無意識の内にあるはずですし、路面を走っていて空気抵抗もあれば少なからず振動もしています。これをピタッとさせるということは、真空で鏡のような路面を完全に硬化した物質で出来たタイヤで走り、かつエンジンも振動していない状態と同じことだと思います。

039_2.jpgつまり前に走っているだけではなく、ずっと振動もしていて"揺らいでいる"のがリアルな表現だと思うので自分の場合はあえて「ジャギー」を活かして自然な処理にするために「消しゴム」で少しずつ消すというより削っています。また、その揺れ幅も部品の種類によって異なる(はず)ので例えばタイヤや薄いウイングなどは大きく薄めに、逆に硬いところはシャープ目にとかもちろん正解はありませんが処理を使い分けています。

たまに静止した車のタイヤをCG処理で回っているように合成して走行している風に見せて・・・なんてのもありますが、それはそれで違う処理でなるべく違和感を緩和させて落としどころを見つけますが・・・

そこまで時間かけて処理しても最終的に名刺くらいの小さい物だったり、遠くの大型看板だったりして報われない場合も多々ありますがそれでも一つの拘りとして、撮影されたカメラマンや被写体に敬意を払う意味でもコツコツと手を抜かずに日々作業をさせていただいております。


2020.06.12

PS5『グランツーリスモ7』 発表!・・・色の再現性の話

待望のプレイステーション5の発表と共に『グランツーリスモ7』のトレーラーも公開されましたね。

4267a1f0-ac3a-11ea-b7aa-665f9edf3216.jpg

実は20数年前になりますが「Gran Turismo 3 A-Spec」の時に少しお仕事をさせていただいた事があり、当時中野坂上にあった会社にも何度もお邪魔して山内さんとも色々なお話をさせていただいたことがあります。

言うまでもありませんが、初代PlayStationのソフトとして1、2共に大ヒットしその後ハードがPS2になった最初のGTとしての「3」だったので色々と模索されていましたし、実際発売もかなり延期になりました・・・

山内さんとのお話の中でふと色の再現性の話を思い出しました。
登場する車両のボディーカラーをどう作るか?の話題だったかと思いますが、もちろん全て実車データを分析して作るのですがボディーカラーを再現するには素地(地金)の種類・色から、サフェーサー(下地処理剤)の色、そして上塗り塗料~クリアと見えない深層の色まで分析してボディーカラーを再現していたと記憶しています。
もちろん上層の色を塗っちゃえば関係ないじゃん!と思いましたが、たぶん動かない
1シチュエーション(静止画)であれば再現できるのでしょうが車は走ります。その時の光の当たり方、種類、反射の仕方などなど数限りない状況で色の見え方はもちろん変わるので、単色に光が当たったから明るく~などと単純なことではありません。
それをリアルに再現するために見える色がどう構成されているのか知る必要があるとのことで、単純に当時は「変態」だなと思ったくらいです。
しかもデジタルでですから・・・

一般的にデジタル表現の色の種類は「16,777,216」種類(RGB)です。ただ1変わったくらいでは人の眼力では把握できません。
4Kモニターで1ドットずつ異なる色を配置しても半分くらいまでしか表示できないくらい(4k=8,294,400)デジタル色は存在はしています。

現在のPS4でフルHD(2,073,600)のモニターでも実車の画像かグランツーリスモかぱっと見では分からない時もあるくらいですよね?
それでもまだ再現しきれていない色表現が見えないけど存在をしているということでしょう。

次期PS5は4Kの4倍の8K(33,177,600)対応とのことらしいです。
恐らく山内さんは「やっとこれで実車を再現できる」くらいに思っているのかも知れませんね・・・

PS5でグランツーリスモ7をプレイする時は「8K」モニターでやってみたいものです。